雲の階段_最終回鬼女

21.Juni.2013

百年法

いやー、読みやすいですね。

上下巻、両方とも人をぶん殴れば気絶させられそうな厚さですが、
さくさく読めました。

設定は、まあ一度はみんな考えたことがあるんじゃないですかね、的な。
HAVIの研究成果がさらっ、としていたのも取っつきやすかったのかもしれません。
ただ、後半のSMOC発病の経緯はもっと詳しくやっても良かったような……。

主人公は首相という位置づけでいいのかどうか分かりませんが、
何か最後まで、悲しい……。
立花くん離脱の経緯も結局ぼかしすぎて何だか……。

全体的に言えますが、時間経過が早すぎてそれがちょっとなあ。
まあ、だからこそ読みやすいというのもあるのでしょうけども。

最後はちょっと駆け足だったのが残念。
厚さを普通にして、上中下でも良かった気がします。




megumino5216 at 18:21│ │雑多な感想 
雲の階段_最終回鬼女